プレス

Sovrynのサービス開始に伴いRSKへの合計預金額が144万5000BTCに達したことによりDeFI On Bitcoinの勢いが増す

ジブラルタル ―2021年5月3日

ビットコインネットワークによって安全性が保障されている世界で最も安全なスマート契約プラットフォームであるRSK NetworkによりLightning Network (LN) のビットコイン総預金額が劇的に上昇し、現在、144万5000BTCに達しています。直近の特筆すべき事象はユーザー間で分散型ファイナンス (DEFI) への需要が非常に高まっていることですが、これはは2020年に兆候を示し、現在もその勢いは衰えません。

RSK Smart Contractsでは、これまで5万のアクティブなアカウントにより25万9000回の取引が行われてきており、4月にはハッシュパワーが常時72%に達しました。RSK Defi Ecosystemにおけるソリューションと統合の数は、過去2か月で大幅に増加しました。

RSKとビットコインがRIF (RSK Infrastructure Framework) の基盤であるため、この成果はRIF経済の鍵となります。RIFのオープンで分散型のインフラストラクチャプロトコル一連により、統合環境において分散アプリケーション (dApps) をより迅速かつ容易、スケーラブルに開発できます。 RSKに預金されたBTCが急増したことにより、RIF経済の成長を加速するための道が開かれます。

Pompliano氏が支援するSovrynがRSKでのDeFi導入を後押し

RSKにおけるユーザーの関心とTVLの上昇を促進する主な要因の一つは、ビットコインベースの分散型取引および貸付プラットフォームである、Anthony“ Pomp” Pompliano氏が 支援するSovrynの立ち上げの成功です。Sovryn。Sovryn (SOV) の取引は、Sovrynがパートナーのコンソーシアムによる900万ドルの投資に合意したのと同日である4月13日に開始されました。

RSK上に構築されたSovrynを使用することで、ネイティブおよび自由参加型のBTC取引&貸付を行うことができます。ユーザーは最大5倍のレバレッジでロングまたはショート取引が可能で、BTC、USDT、Dollar on Chain (DOC) ステーブルコインの保有者が資産貸付による利息収入を得ることができます。また、自動マーケットメーカーを使用したSovryn分散型取引所を利用することで、BTC、USDT、およびDOC間の低コストかつ低スリッページのスワップによる恩恵を受けることができます。

「BTCでのネイティブおよび自由参加型取引&貸付サービスを提供するSovrynの立ち上げは、ビットコインブロックチェーン上に構築されたDeFiプロジェクトの大きな前進を表しています。そして、このことがRSK Blockchainの劇的な成長を引き起こしました。私たちは、DeFi取引におけるニーズを満たすことが証明されているプラットフォームの将来にとても興奮しています。」

Sovrynの共同設立者であるEdan Yagou氏は、ビットコインは、暗号経済全体の中核を成すものです。Layer 2イノベーションは、そのリーチを拡大するに過ぎません。Bitcoin Layer 2と聞けば、殆どの人がLightning Networkを頭に浮かべるでしょう。サイドチェーンはLightningを強力に補完するものであり、ユーザーの注目を集めています」とコメントしました。

RSKについて

RSK Blockchainは世界で最も安全なSmart Contractプラットフォームであり、Smart Contract、ほぼ即時の決済、およびより高いスケーラビリティを可能にすることでビットコインエコシステムに価値と機能を付加するMerge-Miningを介して、ビットコインの比類のないハッシュ能力に保護されています。

ネットワークは、分散化を犠牲にすることなく1秒あたり最大100トランザクションまで拡張可能で、確率的検証、不正検出などを使用してストレージと帯域幅を削減します。

RSK Infrastructure Framework(RIF)は一連のオープンかつ分散型のインフラストラクチャ・プロトコルのスイートであり、ビットコインとRSKの大規模採用を可能にする統合環境内において、分散アプリケーション(dApp)のよりスピーディで容易かつスケーラブルな開発を実現します。詳細については、 https://www.rsk.coをご覧ください。

TwitterでもRSKのフォローが可能です

Sovrynについて

Sovrynは、ユーザーが分散型アプリケーションでビットコインを利用可能であるビットコインネイティブの金融オペレーティングシステムであり、以下の利点があります:

  • Sovrynのみで全ての操作が可能。
  • 一元管理のエンティティに触れる必要無し。
  • 経済的なプライバシーと主権をを放棄する必要無し。

Sovrynプロトコルは、次世代のDeFiにLayer 2テクノロジーを使用するインフラストラクチャを提供します。この新時代において:

  • ビットコインは準備資産です。
  • ビットコイン担保型のテーブルコインとサイドチェーン技術により、低料金と安全なスケーラビリティが達成されます。
  • Sovrynは、ブロックチェーンをブリッジし、分散化のレベルを拡大する金融オペレーティングシステムを提供します。また、金融アプリケーションで使用される場合でも、ビットコインはソブリン通貨のままです。
  • SovrynDeFiをビットコインに、ビットコインをDeFiにもたらします。

SovrynTech Stack、使用事例、SOVトークンの詳細については、 Sovryn Black Paperをご参照ください。

プレスリリースのダウンロード

戻る